どんな人が審査に通る?30万~50万円の借り入れができた人の特徴

借り入れの審査に通る人は、他社の利用額が少ない人や、信用情報が良好である人です。そういった人は、30万円ほどの融資であれば受けることは容易です。ただし、全く信用情報がない人の場合は、借り入れの際に不利になることもあります。というのも、一定年齢以上の方で、クレジットカードや住宅ローンなどの利用履歴がないことは不自然であるからです。つまり、そういった人は申し化したら事故が過去にあったのではと推察される可能性があります。もちろん、必ずしも借入に影響するとは限りませんので、実際は申し込んで審査を受けてみなければ詳細についてはわかりません。
30万円ほどの融資であれば、カードローンが最適な借り入れ先となります。カードローンは比較的審査が緩い傾向にあります。ただし、無担保ローンであるがゆえに、金利は少し高くなってしまいます。大体は30万円の融資を受ける際には18パーセントの金利がかかるので、3000円前後がかかります。
審査に通る人の特徴としてはその他に、安定した職業についている方です。アルバイトでも融資を受けられるかカードローンは多くなっていますが、枠として設定される金額は30万円を下回るケースもあります。それは、定期朱乳があるといっても、正社員と比べると安定していないからです。その点、正社員でなおかつ勤続年数が長いという場合は、安定して収入を得ており、これからも収入が安定している蓋然性が高いため、借り入れ審査において有利になります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.